枕には低反発、パイプ、そば殻など、色々な素材がありますよね。

その中で、今回はジェル素材が使われた枕の特徴や、おすすめ枕などをご紹介していこうと思います。

ジェル素材の枕が気になっている人は参考にしてみてくださいね(^^)

ジェル枕って冷たいの?

ジェル素材の枕を知らない人に、ジェル素材のことを聞いてみると、
こんなイメージを持っているみたいです。

・何となく柔らかそう
・ひんやり冷たそう

もしかして、あなたもそう思いましたか?

でも、柔らかそうというのは合っていますが、ひんやり冷たそうというのは、ちょっと違いますね(^^;
確かに、そういう販売方法をしているところもあり、実際に触ると多少ひんやりしていますが、枕カバーをかけちゃえばあまり感じません。

夏で暑さを軽減したいという目的であれば「通気性の高い枕」を選ぶか、冷たい枕or枕カバーを選びましょう。

ジェルの特徴って?

見た目だと冷たそうに見えるジェルなので、そう思うのも無理はないですが、ジェル素材の枕にはそれ以上の特徴があります。

それは、柔軟性が高いというところです。

頭をのせただけで、ピッタリと頭の形にフィットするので、頭や首などの圧力を分散することができます。
体圧を分散することができれば、寝ている時の肩こりや首コリといった症状も緩和されます。

しかも寝返りがしやすい

圧力分散という点だけ見れば、低反発枕も優れていますが、低反発枕は沈み込みすぎるので寝返りがしづらい枕です。

それに比べジェル枕は、体圧を分散させながら、寝返りもしやすいという、とても便利な素材なんです。

お値段も少し高め

これだけ便利な枕なので、もちろんお値段も上がってきます(^^;

単に冷たそう・・・というだけでジェル枕が気になっているのなら、止めた方が良いかも・・・

ただし、あなたが肩こりなどの寝ている間の悩みを抱えているのなら、ジェル枕の導入を強くおすすめします!

では、ここからは私がおすすめのジェル枕を2つご紹介しますね(^^)

 

おすすめのジェル枕 第2位

テクノジェルピロー

まずご紹介するおすすめのジェル枕は「テクノジェルピロー」です。

ブルーなので、いかにも冷たそうに見えますが、何度も言うようにそこだけで選ばないように注意してくださいね(^^;

低反発と高反発を合わせた寝心地

テクノジェルピローはとても柔軟性の高い枕で、低反発枕のような頭にピッタリとフィットするような、心地いい寝心地です。
しかも、弾力性もある素材なので、寝返りに合わせてバネのように反発し、寝返りをスムーズにしてくれますよ。

冬でも硬くならない

低反発枕などは、冬になると外気の影響を受けて、少し硬くなってしまうんですよね・・・
そのおかげで夏は良かったけど、冬は何だか寝にくいという人もいるみたい。

でも、テクノジェルピローは夏でも冬でも同じ柔らかさで、1年中同じ寝心地で眠ることができますよ。

形が3種類選べる

テクノジェルピローは「Contour」「Anotomic」「Deluxe」の3種類から形を選ぶことができます。

しかも高さもそれぞれ4種類から選ぶことができるので、自分に合った枕を探すことができますよ(^^)

テクノジェルピロー 正規代理店サイトへ

 

おすすめのジェル枕 第1位

ジェルトロンピロー マイズケア

次にご紹介するおすすめのジェル枕は「ジェルトロンピロー マイズケア」です。

こちらはテクノジェルピローと違って、グリーンで冷たさはなさそうに見えますね。

柔軟性と寝返りのしやすさ

ジェルトロンピロー マイズケアも柔軟性がとても高く、髪を結んだまま横になっても気にならないほどです。
しかも縦方向だけでなく横方向へのねじれにも強いので、寝返りをするときのスムーズにサポートしてくれますよ(^^)

通気性が高い&洗える

更にジェルトロンピロー マイズケアは、なんと洗えるんです!
元々通気性が高く、ダニやカビの温床になりにくいのですが、もし汚れてきたときは気軽に洗えるのは嬉しいところですね。

しかも、テクノジェルピローよりもお値段リーズナブル。

個人的にはこちらの方がおすすめです(^^)

ジェルトロンピロー マイズケアのレビューを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします