ホットアイマスクって温かくなるので、寒いシーズンに使うというイメージを持っていませんか?

確かに春の後半〜夏の時期にかけても店頭でめぐりズムなどのホットアイマスクは置いてありますが、手に取る人は少ないように感じます(^^;

でも、夏でもホットアイマスク使ってもいいんですよ!
・・・というより、夏にこそホットアイマスク使って欲しいくらいです!

ホットアイマスクは何のために使う?

夏にホットアイマスクを使わない人、使おうか迷っている人は、ホットアイマスクの使う目的を忘れていませんか?

ホットアイマスクの目的は、

1.目の疲れを取り肩こりなども改善
2.リラックスして睡眠の質を上げる

主にこの2つです。

この効果は、冬だろうが夏だろうが変わらないんです!
ですから、夏にホットアイマスクを使うのは全然OKなんです!

夏にこそ使って欲しい!

夏って、寝苦しかったり、朝も冬よりも早めにおきてしまうことがありませんか?
人によっては、もっと寝ていたいのに目覚ましより先に目覚めてしまう・・・という人もいるのでは?

実は夏って、睡眠時間も睡眠の質も一番落ちる季節なんです!

寝てもあまり疲れが取れない・・・
寝たいんだけどスグに眠りにつけない・・・

こういう症状が夏に出やすいのは、夏の日照時間や温度が関係しています。
もし夏にそんな睡眠の悩みを抱えている場合は、ホットアイマスクを使って、睡眠の質をあげてみましょう!

ホットアイマスクはリラックスに効果あり

ホットアイマスクは、目の「動眼神経」という副交感神経を担っている神経を温めることで、身体をリラックス状態に導いてくれます。

リラックス状態で眠りにつけば、深い眠りが得られ、睡眠の質も高まるというワケですね(^^)

使用の際はクーラーを併用しましょう

そうは言っても、夏にホットアイマスクを使うのは暑くて耐えられない!というのも分かります(^^;
6〜7月前半であれば夜はまだ涼しい時も多いので、問題ないかもしれませんが、7月後半以降は暑すぎですよね・・・

ここまでの話は、クーラーがつけられる環境で、クーラーと併用しながら使うことが大前提です。
部屋が涼しい状態で使えば気になりませんからね。

でも、逆にクーラーが付けられない場合は、余計に寝苦しくなる可能性があるので、ホットアイマスクの使用は避けましょう。

夏にホットアイマスクを使う注意点

また、夏は汗もかきやすくなるので、汗がホットアイマスクに染み込んでしまうことも・・・
使い捨てタイプだと問題ありませんが、レンジで温めるタイプなど、繰り返し使えて洗えないタイプは、注意が必要です。

外カバーを取り外して洗える、こんなタイプのホットアイマスクもあるので、夏にも使いたい人は検討してみては!?

ルルド めめホットチャージ

こちらは充電できるタイプのホットアイマスクで、充電さえすれば繰り返し何度も使うことができます。

電源をポチッと押すだけでスグに使えて、しかも10分で自動停止するので、通常のホットアイマスクよりも簡単で、同じように使うことができますよ(^^)

ルルド めめホットチャージの詳細はこちらをご覧くださいね!
めめホットチャージ詳細を見る

アイスタイプのアイマスクはどうなの?

夏は暑いので、アイスタイプのアイマスクもありますが、リラックス、慢性的な疲れ目対策に使うのはおすすめできません。

冷たいので気持ちいんですけどね(^^;

その理由などはこちらの記事でもお伝えしているので、詳しく知りたい人はどうぞ。

ホットアイマスクとクールの違いは?温める効果と冷やす効果の違い

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします