ホットアイマスクは大きく「使い捨てタイプ、レンジで温めるタイプ、充電できるタイプ」の3種類に分けられます。

その中で今回は、「使い捨てタイプ」のホットアイマスクについてお伝えしていきますね!

使い捨てタイプは外出用におすすめ

使い捨てタイプは、職場、旅行などの外出先で頻繁に使いたい人におすすめのホットアイマスクです。
外出先では使わず、家でばかり使用する人にはあまり向いていません。

まずは、使い捨てタイプが外出先で使う人に向いている理由をお伝えしていきますね。
その後に、おすすめの使い捨てホットアイマスク「めぐりズム」と、その他の使い捨てホットアイマスクもご紹介しますね!

使い捨てタイプが外出用に向いている理由

1.コンパクトで持ち運び便利

使い捨てタイプのホットアイマスクは、薄く小さく、場所を取らないものが多いので、バッグやポケットに入れていてもかさばらないので、とても持ち運びがしやすいのが特徴です。
ですから、頻繁に外出先でホットアイマスクを使う人にはおすすめなんです!

2.温めたりする手間がないのでスグに使える

レンジで温めるタイプのホットアイマスクは、30秒程度ですがレンジで温めるという手間があります。

それに比べて、使い捨てタイプは、サッと封を開けて使うだけ!
癒されたい!と思った時に、2秒で使えちゃいます!!

例えば、職場などでの休憩は長く時間が取れるものではないので、サッと取り出して、スグに使えるのは嬉しいですね(^^)

3.お財布に優しくない

こんなに便利なら、使い捨てタイプがいい!と思われるかもしれませんが、使い捨てタイプの一番のデメリットは、お財布に優しくないトコロです。
1枚、約60〜70円くらいするので、毎日使い続けるのは大変な出費ですよね(^^;

もし外出先では使わず、家でばかり使うのなら、「レンジで温めるタイプ、充電できるタイプ」のホットアイマスクにしましょう。

使い捨てタイプで有名なのは「めぐりズム」

使い捨てタイプのホットアイマスクで有名なのは「めぐりズム」ですよね(^^)
薬局などでも見かけるので、知っている人も多いと思います。

通常のホットアイマスクの他に、香りがついたもの、クールタイプなど、いろいろな種類があるので、ほぼ使い捨てホットアイマスクのシェアを占めている感じですね(^^;

桐灰からも同じような商品が出ていましたが、現在は製造を止めているみたいです。

使い捨てタイプは「めぐりズム」だけ?

めぐりズムは市場で大きなシェアを占めていますが、その他にも使い捨てタイプのホットアイマスクはあります。

その中で一番目につくのはこの使い捨てタイプのホットアイマスク!

「ほっと見えマスク」です!!

なんとこのホットアイマスク、写真を見ても分かる通り、目の部分が開いているんです!
中々おもしろいアイディアのホットアイマスクですよね(^^)

テレビや読書をしながらでもOK

ほっと見えマスクは目の部分が開いているので、何かをしながら使えます。
例えば寝る前に読書をする人は、読書しながらリラックス、家事などがある場合も、やりながら疲れ目改善に役立ちますよ!

ブルーライトを発するスマホなどは、本末転倒になってしまうので、極力避けたいですが、何かをやりながら使えるというのは、とてもおもしろいアイディアですね(^^)

目の位置が合わない場合も

顔の大きさや目の位置は人によってバラバラなので、ほっと見えマスクをつけても、目と穴が合わないケースもあります(^^;

また、合っていても顔の大きさ、形によっては下にずれてきてしまって、ジャマになってしまう場合も・・・

もし「ほっと見えマスク」が気になる!という人は、まず5枚入りから試して見ましょう。

現在取り扱いがありません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします