・なかなか寝付けない・・・
・家に帰っても仕事のことを考えてリラックスできない・・・

こんな悩みを抱えている人は、ホットアイマスクを取り入れてみてはいかがですか?
なぜなら、ホットアイマスクはリラックス・安眠にとっても効果的なんです!!

今回はホットアイマスクを使うとリラックスして、安眠できる理由をお伝えしていきたいと思います!

リラックスってどんな状態?

改めてリラックスってどんな状態なんでしょうか?

・仕事や家事がひと段落して、ほっと一息ついた状態?
・寝る前に布団に横になった状態?
・それとも寝ているとき?

全部間違ってはいませんが、身体の仕組みからいうと、リラックスというのは副交感神経が活発化している状態のことを言います。

副交感神経って?

人間の身体には自律神経というのがあって、交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経は覚醒や緊張の役割を担っていて、副交感神経は回復の役割を担っています。

つまり、仕事などで集中しているときには交感神経が活性化している状態。
ほっと一息ついて休憩しているときが副交感神経が活性化している状態。

だから副交感神経が優位になるときがリラックスしている状態というワケですね。

強制的に副交感神経を活性化させる

もしあなたが「リラックスしたい」「安眠したい」と思っているのなら、難しく考えずに、この仕組みに基づいて副交感神経を活性化させてあげればいいんです!

そして副交感神経を活性化させる方法のひとつが、副交感神経の部分を温めるという行為。

副交感神経は身体の至るところにありますが、目の周りにも「動眼神経」という副交感神経が存在します。
ですから、目を温めると副交感神経が活性化され、その結果リラックス・安眠につながるというワケですね(^^)

ちなみに動眼神経というのは、目の筋肉を支配していて、眼球運動や目のレンズの厚みの調整などに関わる神経です。

実験でも明らかに!

また、目を温めるとリラックス・安眠できるというのは、実験でも明らかにされていました。

40℃の蒸気で10分間目を温めると、副交感神経は活性化するか?という実験です。

副交感神経が活性化(リラックス)したときは、縮瞳(しゅくどう)といって、目の瞳孔が小さくなるという仕組みがあります。

これを利用して、40℃の蒸気で10分間、目を温めたところ、縮瞳率が高まったみたいです。

↓↓↓↓↓

職場でもリラックスできる

さて、ここまでお伝えすれば、ホットアイマスクがリラックス・安眠に効果的なのは明白ですね(^^)

でも、こんなリラックス効果抜群のホットアイマスクを、家だけで使うなんて勿体ない!と思いませんか?

もし職場でお昼休みなどに、まとまった休憩が取れる人は、その際にホットアイマスクを取り入れてみては?
交感神経はON・OFFがとても大事。10分だけでも副交感神経を活性化させてあげるだけで、とてもリラックスできますよ(^^)

また、別のアンケートで、40℃の蒸気で温めたところ、温め後に「頭のスッキリ感」「爽快感」などを得られた!という人も多かったみたいです。

まさに職場での休憩時にも、おすすめなのがホットアイマスクというワケですね!!

自宅や仕事場で繰り返し使えるモノ

ホットアイマスクで有名なのは、めぐりズムですが、繰り返し使っていると、ちょっと高いんですよね(^^;
レンジで温めるタイプのホットアイマスクもありますが、職場では使うのが難しそうです・・・

そんな時におすすめなのが、USBで充電できるタイプのホットアイマスク!

USBで充電しておいて、ボタンをポチッと押すだけで、すぐにジワジワと温まるので、時間がない職場でも便利ですし、家でもササッと使えてとても便利ですよ(^^)

見た目もしっかりしているので、オフィスでもバッチリ使えます!

USBで充電できるタイプのホットアイマスクはこちらの記事でも紹介しているので、気になった人は読んでみてくださいね(^^)

USBで繰り返し使える「充電式のホットアイマスク」がお財布にエコ♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします